プロフィール
モバイル市場 加納店
モバイル市場 加納店

モバイル市場
携帯買取ならおまかせください!

平成22年12月6日(月)にオープンしたモバイル市場 加納店です。清武のマルショクさん正面入口すぐ横!! 査定は無料! 県内最高の買取額!! 【新品未使用】はもちろん、【壊れた携帯電話】も買います!!! ご自宅で眠っている携帯電話、お持ち下さい! 法人、個人問わず何台でもまとめて完全高価買取り致します。 お気軽に下記までご連絡下さい!! 〒889-1605 宮崎県宮崎市清武町加納乙 TEL・FAX0985-75-0509 メールアドレス:kanou@m-ichiba.com 営業時間 10:00~20:00  ■ 店休日 水曜日 古物商許可 公安委員会  第951010014211号 ★毎週日曜日・UMK『ワンピース』枠でCM放送中!!
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

欲しいガラケーは「二つ折り」ではない? ユーザーが本当に満足するガラケーとは

2015年06月30日

 モバイル市場 加納店 at 18:00 | Comments(0) | 携帯電話専門 リサイクルショップ


ガラケー回帰の動きが強くなる今、消費者はどんなガラケーを望んでいるのだろうか。

その人気の秘密に迫るためガラケーの満足度ランキングを調べてみると、おもしろい傾向が見えてきた。

ガラケーと言えば、二つ折りタイプのイメージが強く、人気が高いとされている。
現在のキャリアが発売を続けているのも、この二つ折りタイプだ。
しかし、満足度ランキングを見てみると、極小タイプ、ストレートタイプ、スライドタイプなど、個性的なタイプに根強い人気があることがわかった。

まずは、10位までのランキングを見てほしい。このランキングは、現在発売中の機種のランキングではなく、これまでに発売されたdocomo のガラケー全機種を対象にした結果である。さらにこれは「人気ランキング」ではなく「満足度ランキング」であることに注目してほしい。

1位:premini-II(ソニーモバイルコミュニケーションズ) 2005年2月発売
縦10.5cm、横4.6cmのきわめて小さいストレートタイプ。小ささに満足度が集中している。movaモデル。

2位:FOMA D905i(三菱電機) 2007年11月発売
スライド式、スピードセレクター(回転する十字キー)が特徴。三菱電機最後のガラケー。

3位:docomo STYLE series N-01C(NECカシオモバイルコミュニケーションズ) 2010年11月発売
形状は標準的。シンプルで軽い、バランスがとれている、使いやすいという評価が多い。

4位:FOMA F905i(富士通) 2007年11月発売
画面を横方向に回転できる「ヨコモーション」が特徴。文字変換の良さを評価する声が多い。

5位:FOMA D904i(三菱電機) 2007年6月発売
三菱電機のスライド+スピードセレクター(回転する十字キー)の人気は根強い。

6位:FOMA P706ie(パナソニック) 2008年8月発売
薄くて軽い、飽きのこないシンプルなデザインという点で評価が高い。ワンプッシュオープンも人気。

7位:FOMA F903i(富士通) 2006年11月発売
ヨコモーションが初めて搭載されていた機種。ヨコモーションは思ったより使いやすいという意見も。

8位:FOMA SA702i(三洋電機) 2006年7月発売
レスポンスの良さが高い評価となっている。

9位:docomo PRIME series P-01B(パナソニック) 2009年11月発売
これといった特徴もないが不満もない。「完成度が高い」「使いやすい」という意見が多い。

10位:FOMA らくらくホン ベーシックII(富士通) 2009年4月発売
言わずとしれたらくらくホン。丸みのある形状でポケットに入れやすい点が人気。

●古い機種のほうが満足度は高い?
1位に輝いたのは、なんと10年前に発売された機種だ。それ以外を見てみても、ほとんどが5年以上前に発売された機種がズラリと並んでいる。
近年発売されたガラケーよりも、古い機種の満足度が高いというのは、興味深く、おもしろい傾向と言えるだろう。
今後もガラケー(ガラホ)を開発するメーカーは、ぜひ参考にしてほしいものだ。

●特殊な形状の機種で満足度が高い
もうひとつの特徴が、現在の主流である「二つ折り」以外のガラケーの満足度が高いことだ。
満足度ランキングの1位はストレートタイプ、2位と5位がスライドタイプ、そして4位と7位が画面を回転できるタイプ。
当時は「ヨコモーション」などとCMなどでアピールしていた製品だ。

満足度ランキングの上位10機種の中、半数の5機種が、二つ折りタイプとは違うガラケーなのだ。

●決め手はやはりデザイン
「デザイン」「レスポンス」「バッテリー」など10個の評価項目を見てみると、どの機種も、「デザイン」の評価が高いものが上位にランクインしている。
やはり、多様な種類のあったガラケーを選ぶ利用者は、「デザイン」に対する関心度が高いということだろう。また、ガラケーユーザーは、スマホユーザー以上に「デザイン」にこだわりがあるのかも知れない。
数年以上も所有していることからも、好きな「デザイン」が機種選びの一番の決め手ということなのだろう。


同じカテゴリー(携帯電話専門 リサイクルショップ)の記事画像
求人募集中です!
UQ、下り440Mbpsのモバイルルーター「W04」と、宅内向け「L01」を17日発売
求人募集中です!
伊藤園の自販機とタリーズ、「Pokémon GO」のポケストップやジムに
求人募集中です!
電子基板で「エヴァ初号機」、iPhone 7/7 Plusケースが登場
同じカテゴリー(携帯電話専門 リサイクルショップ)の記事
 「モバイル市場 加納店」閉店のお知らせ (2017-02-14 18:00)
 求人募集中です! (2017-02-14 10:00)
 UQ、下り440Mbpsのモバイルルーター「W04」と、宅内向け「L01」を17日発売 (2017-02-13 18:00)
 求人募集中です! (2017-02-13 10:00)
 伊藤園の自販機とタリーズ、「Pokémon GO」のポケストップやジムに (2017-02-12 18:00)
 求人募集中です! (2017-02-12 10:00)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
欲しいガラケーは「二つ折り」ではない? ユーザーが本当に満足するガラケーとは
    コメント(0)