プロフィール
モバイル市場 加納店
モバイル市場 加納店

モバイル市場
携帯買取ならおまかせください!

平成22年12月6日(月)にオープンしたモバイル市場 加納店です。清武のマルショクさん正面入口すぐ横!! 査定は無料! 県内最高の買取額!! 【新品未使用】はもちろん、【壊れた携帯電話】も買います!!! ご自宅で眠っている携帯電話、お持ち下さい! 法人、個人問わず何台でもまとめて完全高価買取り致します。 お気軽に下記までご連絡下さい!! 〒889-1605 宮崎県宮崎市清武町加納乙 TEL・FAX0985-75-0509 メールアドレス:kanou@m-ichiba.com 営業時間 10:00~20:00  ■ 店休日 水曜日 古物商許可 公安委員会  第951010014211号 ★毎週日曜日・UMK『ワンピース』枠でCM放送中!!
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

スポンサーリンク

 みやchan運営事務局 at 

上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

スマホバッテリーやケーブルの誤使用が火災に――NITEが注意喚起

2016年05月02日

 モバイル市場 加納店 at 18:00  | Comments(0) | 携帯電話専門 リサイクルショップ
製品評価技術基盤機構(NITE)は、スマートフォンやタブレットなどを充電するためのケーブルやACアダプター、バッテリーなどの誤った使い方や不注意で火災などの事故が、春~夏に増加する傾向があるとして注意するよう呼び掛けている。



NITEによれば、2010年度~2014年度までの5年間、スマートフォン/タブレットとバッテリーやケーブルなど充電用周辺機器の事故は239件確認されている。物の損傷だけではなく人への被害もあり、重傷は5件、軽傷が60件発生した。

 最も多いのは、充電用コネクター周辺の事故で、次いで電池パック、本体、モバイルバッテリーという順。毎月、20件程度の事故が発生するなか、3月~5月にかけて事故が増え、最も多く発生するのは8月になっている。また事故に遭遇した人を年齢別に見ると、40代が一番多く、次いで30代、10代で事故が多い。

 事故の例として、たとえば充電用コネクターは、充電ケーブルの端子などが折れ曲がったりして内部で接触状態となり、火花が出てコネクターの樹脂が燃えたというケース、あるいはコネクターに汗や飲料水などが付いたまま電気が通ってコネクター内部でショートして発熱して燃えたケースがある。ACアダプターの場合は、コンセントとの間にスキマがある状態でネックレスやコインなど、金属の異物が入り込んでしまい、電源プラグがショートとして燃えたという。このほか、携帯電話本体を犬が噛んでしまい、内蔵バッテリーが変形して電極がショート、火災に繋がった事故もあった。

 NITEの呼び掛けは2年前にも行われている。NITEでは、「充電用コネクターにホコリや水分、金属などの異物が入らないようにする」「充電用コネクターは無理に力を入れて挿入しない」「スマホなどを落としたり、衝撃を加えたりしない」といった事故防止策を案内している。

  

ゴールデンウィークお休みのお知らせ

2016年05月02日

 モバイル市場 加納店 at 10:00  | Comments(0) | 携帯電話専門 リサイクルショップ



誠に勝手ながら5月3日(火)・4日(水)・5日(木)は

ゴールデンウィークの為お休みとさせて頂きます。
3月6日(金)より通常営業させて頂きます。

モバイル市場 スタッフ一同