プロフィール
モバイル市場 加納店
モバイル市場 加納店

モバイル市場
携帯買取ならおまかせください!

平成22年12月6日(月)にオープンしたモバイル市場 加納店です。清武のマルショクさん正面入口すぐ横!! 査定は無料! 県内最高の買取額!! 【新品未使用】はもちろん、【壊れた携帯電話】も買います!!! ご自宅で眠っている携帯電話、お持ち下さい! 法人、個人問わず何台でもまとめて完全高価買取り致します。 お気軽に下記までご連絡下さい!! 〒889-1605 宮崎県宮崎市清武町加納乙 TEL・FAX0985-75-0509 メールアドレス:kanou@m-ichiba.com 営業時間 10:00~20:00  ■ 店休日 水曜日 古物商許可 公安委員会  第951010014211号 ★毎週日曜日・UMK『ワンピース』枠でCM放送中!!
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

スポンサーリンク

 みやchan運営事務局 at 

上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

ガラケーは根強いだけじゃない格安中古市場の拡大が復活を支えている?

2015年06月13日

 モバイル市場 加納店 at 18:00  | Comments(0) | 携帯電話専門 リサイクルショップ


世間はiPhoneだXperiaだGalaxyだと騒いでいるが、ガラケーニーズもまだまだ根強いようだ。10日放送のワールドビジネスサテライト(テレビ東京)で、ガラケー(およびガラホ)の特集が組まれていた。中でも特に注目したいのが中古ガラケー市場だ。

●中古ガラケー市場は拡大中
携帯電話の契約数比率は、昨年12月末時点でガラケー47.7%、スマホ52.3%と、まだまだガラケー利用者も多い。2014年度の出荷台数も前年比6%増の1,040万台と、7年ぶりに増加に転じている。また、昨年度の中古ガラケーの売上は、1億2000万円で前年比1.5倍にまで拡大している。

●活気のある中古ガラケー市場 
では、中古ガラケーの売れ筋はどんな機種なのか。キャリア別に見てみよう。

●docomo
1位:SH-03E(シャープ:2012年12月発売) 5,980円~14,800円
2位:P-06C(パナソニック:2011年7月発売) 6,980円~14,800円
3位:P-01G(パナソニック:2014年11月発売) 13,800円~17,800円

●au
1位:GRATINA KYY06SKA(京セラ:2013年9月発売) 2,980円~6,980円
2位:WIN K011(京セラ:2012年6月発売) 3,980円
3位:URBANO AFFARE SOY05(ソニーエリクソン:2011年10月発売) 3,980円~5,980円

●softbank
1位:105SH(シャープ:2012年3月発売) 2,980円~6,980円
2位:301P(パナソニック:2014年1月発売) 4,980円~9,980円
3位:PANTONE 202SH(シャープ:2013年1月発売) 7,980円

売れ筋は1~3年ほど前の機種で、価格は数千円程度。docomoの端末は需要が多いためか、ほかのキャリアと比べて多少高値となっている。

一方、中古スマホの価格はどうなのだろうか。
スマホの場合、スペックアップが早いため、あまり古い機種は流通していない。中古スマホで一番人気の「Xperia Z3 Compact SO-02G」(2014年11月発売)だと、やはり4万円前後となる。中古ガラケーのような価格ではとうてい購入できない。

ガラケーの場合、製品が成熟しているため、数年前の機種状態がよければ快適に使える。「快適に使える」端末という意味では、中古ガラケーは中古スマホに比べてはるかに安く、買いやすいといえる。

番組では、中古携帯買い取り販売の「アワーズ」が今年1月、物流センターを岐阜県から都内に移転し、事業拡大に踏み切ったことも紹介している。こうした動きからも、中古ガラケー市場が確実に成長していることがうかがえる。

●中古ガラケー市場の成長を後押しするか? 大手キャリアのガラホ
ガラケー回帰の動きは中古市場だけでない。大手キャリアのドコモとauは、今年の夏モデルでガラケー(ガラホ)の新機種を発表している。

大手キャリアや国内メーカーがガラケー機能を搭載するガラホに注力するのは、国内スマホの出荷台数シェアが56.1%の「iPhone」の存在も大きい。Androidスマホが伸び悩んでいる現状で、ガラケーユーザーを簡単にはあきらめられないとキャリアの本音も見え隠れする。ガラケーもこれまでは50代など高齢者をメインターゲットとしていたが、再度、若者に訴求できるガラホにも注力しようしているのだ。

番組では、ジャーナリストの石川温氏も「すべてスマホに置き換えは難しい。ガラケーはしぶとく生き残っていくだろう。」とコメントされていた。

今、中古を含めたガラケーは、確実に復権しつつあるといえるのだろう。
しかし、今後もガラケーが生き残っていけるかは、まだ断言はできない。

とはいえ、スマホほどの機能を必要としない人、ガラケーの操作や機能で満足できている人は、これからも確実に存在し続けることは間違いない。そうした人たちが、中古ガラケー市場を支える限り、まだまだガラケーの灯は消えないのかもしれない。  

【モバイル市場】中古◆au◇T005◆格安◇携帯◆白ロム入荷

2015年06月13日

 モバイル市場 加納店 at 10:00  | Comments(0) | 携帯電話専門 リサイクルショップ





◇◆モバイル市場WEBサイト◆◇
◇◆click here◆◇
◇◆買取・無料査定いたします◆◇
店頭にて3980円にて販売中です。

au T005 東芝製

商品情報
■ 色 : マットブラック
■ 状 態 : 中古・白ロム。クリーニング・データ削除済み。
■ 製造年月 : 2010年 12月
■ 製造番号 : STSGQ079073
電話機本体をauショップにて登録(ICロッククリア)
手続きする必要があります(料金は2160円)

製品詳細
画像の本体(電池パック込み)のみの出品になります。
正常動作(ボタン操作)確認済み。データ削除済み。
水没反応なし。充電キャップ等の破損なし。 au簡易チェック異常なし。
暗証番号は初期設定の1234です。